HabitsLifeWork

自分の布団をたたむことから It Starts With Making Your Own Bed

自分の布団をたたむことから

「朝は目覚まし時計にとっくに代わったスマホのアラームが鳴って起きる。手にスマホを持ってメールやツイッターを見ながらコーヒーを入れる。朝のタバコを一本ぷかぷかと吸いながら、コーヒーを飲んでやっと目が覚める。それがないと、頭がさえないんだもん。着替えて、電車に乗る。相変わらず騒いでいる子供がうざいし、満員電車が本当に嫌い。いらいらしてくる。電車から降りて、小腹がすいたからコンビニでアメリカンドッグを買って食べる。会社に行きたくないし、部長がマジでうるさいし、締め切りがヤバすぎて絶対ボーナスがなくなる。昨日同期の人と飲みにいっていなければ、もっと仕事が進めたしちゃんと寝られたのに、酔っ払って帰ってまたYouTubeをずっと見ていたから寝る時間が3時を過ぎた。最悪。」

という風に一日のスタートを切る人が何人いるのか?
このなかに一見で分かる「悪習」と思われる行為はいくつかあるが、人の人生は「悪習」と思わずとも「良習」でもないことがほとんどで、人生が「思うとおりには行かない」大きな要素の一つだ。
まずは、前向きな習慣をつけることによって人生に何が起こるのだろうか。
人間は、動物でありながら機械のようなものでもある。地球中を占領している理由の一つとして、脳みその大きさや足の速さのおかげではなく、社会的な動物であるからだ。自分と周りの人間が得できる行動が生物学的にホルモンの影響によって促されるからだ。

ドーパミンというホルモンは自分が報われるときに流れ始めて気持ちよくなる超絶的に中毒性のある物質だ。また、セロトニンというホルモンは周りの人によって高く評価されるときに流れる。残念ながら、現代社会でドーパミンとセロトニンが流れるきっかけが「餌がやっととれてよかった」から「いいね!されました」のようなことに代わったことで悪習がつきやすくなってきたし、簡単に努力せずに報われる行為が促されてしまう。
良い習慣をつければ、小さな細かいところから人生に片がつき始める。たとえば、起きて一番最初にすることが布団をたたむことならば、自分も気が楽になるし、周りの環境にも良い影響を与えた。さあ、ドーパミンとセロトニンの出番だ。なんとなく気持ちよくなる。そのようなことを繰り返し、「良習」が増えていく。

良い習慣がつけにくい理由として、負担が大きく感じてやる気にならないからだ。細かいことから片をつけ、それをルーチンにして行動が無意識にできるほど自動化され、自分にも周りの人にも良い影響を与えていくのが地球の片隅を占領した人間だ。世界を攻める人が朝一に自分の布団をたたむ人だ。

ただし、「良習」をつけたところで、「悪習」をなくさなければ意味がない。どうやってなくしていけばよいかについてはまた今度。 Mindnationでは詳しい情報や無料のオンライン講座も載せているので、ぜひご覧ください。では。
では、我々マインドネーション(Mindnation)または無料オンライン研修セッションについて詳しく知りたい方はどんどんこちらをご覧ください。
あなたの自信を高める方法を学んでください。
 

English Translation

It starts with making your own bed

“Waking up to the sound of a smartphone’s alarm, grabbing it, going to the kitchen, smoking a cigarette while looking at twitter and making coffee. Only way to wake up in the morning. Getting dressed, taking the crowded train, finding the noisy children annoying. Getting off and buying junk food at the station, stressing out about the day to come and how annoying everyone is at work. Getting anxious about the deadlines, regretting going to the bar with a coworker last night, coming home drunk and having watched YouTube to go to sleep past 3 a.m. instead of getting a good night’s sleep or getting some work done.”

How many people start their day like this?

There are a lot of habits that can be labeled as bad in that passage and they usually are the reason why your life doesn’t go as planned.

So what happens when you set up good habits?

Human being have conquered the whole planet not because of the size of their brain nor thanks to running the fastest, but because they’re highly social animals and there are biological ways to strengthen behaviors that benefit both the individual and the group.

Dopamine, a highly adictive hormone is released when you are rewarded in some way. Serotonin is released when people around you think highly of you. The problem with the system is that in modern society, you don’t get those hormones released when you “finally get some food” but when “someone give you a Like”. The problem is that it favors behaviors that allow instant gratification and don’t really serve anyone’s interest.

Setting up good habits allows you to get your life together, for example by starting the day by making your own bed. It is good for your own satisfaction and improves the environment. Boom, dopamine and serotonin. Behavior reinforced. Repeating those kind of behaviors helps you setting up good habits.

The reason why it is difficult to start improving our habits is because we thing too big, and chunking everything down to smaller tasks makes it easier to tackle in a progressive way.

Making those small things a routine, making them unconscious and automatic, helps set you on the way towards a better life and that is why human beings have taken control of the planet.

In a word, the world belongs to those who make their own beds in the morning.

However, getting rids of bad habits is a whole different story, but we’ll tell it in the next article. Later, folks.

 
Until Next Time
With Gratitude
Dan & Paul

2 thoughts on “自分の布団をたたむことから It Starts With Making Your Own Bed

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *